部障害について

戸田コメント:モトクロスとかエンデューロはトラクションスポーツなんですね。確かに地面からぐぐーっと突き上げられて走っていく感覚ではありますな。乗っている最中もそうですが、翌日とか翌々日とかにもベルトは有効なのでは?私のように久しぶりに乗っちまった〜気持ちよかったけど、明日(明後日!?)は筋肉痛や腰痛かしら・・・?って。これはちょっと開発者にも聞いてみたいところ。


ラクションスポーツと腰部障害

スキー・スノーボード・マウンテンバイク・モトクロス・エンデューロ・ジェットスキーなどのトラクションスポーツでは、滑走や走行時に、重力、遠心力、そして凹凸により雪面や地面や水面から上方向への力が働きます。

そしてその上方向への力をライダーは、雪面や地面や水面とのグリップやコンタクトを保ちトラクション(スリップを防ぐ)を得て理想的な推進をするために、下方向へ絶え間なく押さえる運動を強いられます。

そしてこの運動はスピードが上がれば上がるほど大きくなります。

この上方向と下方向の双方向からのパワーは脊椎の第4腰椎と第5腰椎あたりでぶつかります。

このため付近の腰椎や椎間板には日常の運動とは比較にならない程の非常に大きなストレスが加わり、この要所を強くサポートできる腰椎ベルト無しではいとも簡単に腰椎障害を引き起こしてしまうでしょう。

この腰椎に大きな負担のかかるトラクションスポーツ行うにはトラクションスポーツに適応した背部を強く、そして腹部を適度に苦しくなくサポートできる腰椎ベルトの着用が不可欠です。

右非対称スポーツと腰部障害


脊椎と筋肉の密接な関連については良く聞かれることですが、この関連によりゴルフやスノーボードなど、身体左右の筋肉を均等に使わないスポーツは筋肉から脊椎への働きも当然不均等になり、結果腰椎のバランスを損ないます。

このような左右非対称スポーツは腰部にとって特に注意しなくてはならないスポーツといえます。

特にスノーボードは左右非対称スポーツでありながら、代表的なトラクションスポーツでもあるので、よりいっそうの注意をはらう必要があります。

前人未踏のスノーボード・デモ戦7連勝を果した相沢氏は、長年のスノーボードライフにより左右の背筋の発達が大きく異なり、そのため申告な腰痛に悩まされていました。

そしてこれは相沢氏に限ったことではなく、多くのデモやトップボーダーの共通する問題なのです。

スノーボードはやればやるほど、スポードが上がれば上がるほど腰部にストレスを貯めてしまいます。


ポーツ選手における腹筋を鍛える腰部保護の過信は危険です

腰部保護には腹筋を鍛錬することが良いという事は衆知のことで、よく整形外科医などからもアドバイスされます。

腹筋を鍛えることはさまざまな効果がありますが、腹筋と背筋のパワーバランスによって保たれている腰椎が、日常の運動不足によって陥りやすい腹筋の筋力低下により、そのパワーバランスを崩し結果腰痛を発生させる、という現象を防ぐこと、そして腹筋を鍛えることにより腹圧を上げ、腰椎に対しての負担を減少させられることが主な働きです。

しかしここで注意しなくてはならないことは、腹筋を鍛えて腹圧を上げることで腰部を保護することは日常生活レベルのことであり、過酷な運動を強いられたり筋肉疲労がたまった状態で行われなければならない状況も多々予測されるスポーツ時において、腹筋の鍛錬だけで腰部損傷を防ぐことはできません。

鍛えている腹筋も筋肉疲労によって大きく働きを失い、またトラクションスポーツによるパワーストレスを防ぐにはほとんど役にはたちません。

ましてやすでに腰部障害を引き起こしてしまった選手が腹筋を鍛えることだけでその損傷を治そうと思い、腰椎ベルトをしないで過酷なスポーツをおこなうことは無茶で、大変危険です。

スポーツ選手の身体は鍛えられて一般人と比較して頑強ではありますが、それは日常生活の場だけであり、スポーツ時においては非常にもろく危険な状態もありうることを認識してください。

多くのアスリートがスポーツ時に受傷するのはその証です。

戦いの際、腰椎ベルトは不可欠。腹筋鍛錬による腰部保護の過信は危険です。スポーツ時は非日常です。


常での腰痛を考える

腰椎は通常上半身のネジリやかがめを行う腹筋(腹直筋/内腹斜筋/外腹斜筋/腹横筋)と姿勢の維持などを行う強い背筋(広背筋/脊椎起立筋/腸腰筋)によって、背中側3:腹側7の強さでバランスよく支えられています。なぜ3:7かとの理由は、腰椎までの腹筋/背筋それぞれの中心からの距離が7:3であるが為、テコの原理で腹背筋それぞれの脊柱を支える力は3:7となるのです。

腰痛は激しい運動や、また運動不足によってこの3:7のパワーバランスが崩れ脊柱をバランスよく支えることができなくなり(腹筋が弱まる)、その結果脊柱の第4腰椎と第5腰椎と第1仙椎の間にある2つの椎間板が押され、脊髄神経にさわり痛みがでるのです。(図の赤い部分)腰痛のほとんどはここで発生します。

その他のケースとしては通常椎間板には体重の数倍の力が加わっても壊れない構造になっていますが、腰を曲げたり捻ったりなど無理な姿勢でスポーツを行ったり強いものを持ったりすると、少しの力が加わっただけでも椎間板を損傷し簡単に腰痛を引き起こしてしまいます。

他にも長時間ドライブは、常に路面から上方の身体に力が途切れなく加え続けられるので、トラクションスポーツと同様の状態になり腰痛を発生しやすくさせます。


●ROCKY腰椎ベルトはこのまま医療用腰椎ベルトとして使用できる性能を有していますが、渉外の程度によってはコルセットなどが必要になり、適さない場合があります。すでに腰部に傷害を抱えている人は、ご使用にあたり必ず医師の診断を受けてください。

●ROCKY腰椎ベルトは一部のハードタイプベルトに見られるように、連続して装着することでその部分の筋肉が落ちてしまったり、エッジ部分で傷害を引き起こしたり等の悪影響がほとんどないスポーツ腰椎ベルトです。ご安心してお使いください。