サスペンションオーバーホールQ&A
大田原メカ回答




どうしてオーバーホールすると良いの?
通常オイル漏れなどがなければそのまま使い続けてしまうサスペンションですが、使っているうちにショックの吸収力は少しずつ減っているのは事実です。フロントサスペンションのオイルは使わなくても日々酸化していくのはご存知のとおりですが、リアサスペンションに至っては、窒素ガスがどんどんプラダを通り抜け、日々オイルに溶け出していっています。乗っていなくても、結果的にスプリングとダンパーのバランスは日々狂ってきていますし、前後のサスペンションのバランスに至ってもどんどん崩れていってしまいます。定期的にオーバーホールをする事で、サスペンション本来の性能も定期的に回復し、ギャップの走破性や危ない時の最大限のショック吸収力が違ってきます。また、サスペンションの中の部品などを破損から守ります。中には新車がメーカーで組みつけられる段階で、すでにエアなどが入ってしまっていて、サス本来の性能を出し切っていない場合もあります。新しいサスでもそんな場合には丁寧な作業でオーバーホールする事で新車時以上のフィーリングをかもし出す事もあります。


オーバーホールをしないで使っているとどんな事になる?
サスペンションのオーバーホールもエンジンと同じと考えると簡単です。定期的にピストン交換をする事で、シリンダー交換を避けられるという事です。つまり、サスペンションのアウターにキズが入るまで酷使されたサスペンションは、ASSYで交換するしか修理の手がなくなるという事です。オイル漏れがあった場合は即座にオーバーホールしなくてはならないのは言うまでもありませんが、長年使っているサスペンションはなるべく早めに手をうったほうがいいでしょう。とくにリアサスのバンプラバーにひびなどが確認されている場合はすでに故障していると思って間違いありません。修理が必要です。バンプラバーはサスペンションに最も荷重がかかっている状態での最後のとりで的な部品です。その部品が壊れているという事は、サス本体にすでに最大荷重がかかっているという事になるからです。


オーバーホールをするタイミングは?
理想的には半年〜1年に1回です。
症状でいうのであれば、フロントは初期作動が鈍く、ショックがダイレクトに手首に来るような感覚の場合はそれです。リアはスプリングが早くもどってしまうような感覚で(スプリングのみで走っているような感覚)跳ね上がる感覚になります。これらは柔らかくなったサスペンションを固くすれば良いというイメージではなく、ダンパーとスプリングの根本的なバランスが崩れているのが原因です。それに加えてサスペンションは前後のバランスも非常に重要なのですが、これも狂いに狂ってしまうという事で、セッティングどうこうで何とかなる問題とは全く異なります。フロントフォークは一年に1度か2度はフォークシールがオイル漏れを起こして、結果定期的にオーバーホールしている事になってはいるのですが、リアサスペンションに関しては常に心がけて定期的に行った方がいいでしょう。半年〜1年に1回の周期でオーバーホールするとなるとかなりの頻度に思われがちですが、オーバーホール後は、どんな初心者ライダーにでも体感できるほどの違いが確認できるはずです。前後がしっかりとしたポテンシャルを保っていて初めてサスペンションの前後のセッティングも正しく、気持ちよく計れるというものです。


リアサスは窒素ガスの充填だけではダメ?
リアサスに充填されている窒素ガスはプラダ内に留まっていますが、日々少しずつサスペンションオイル内に溶け出してきていて、オイルのショック吸収能力はどんどん下がっています。そこでたとえ窒素ガスを元通りの圧に充填しても、オイルの中に混ざっているガスが無くなるわけではないので、窒素ガスを充填しただけではサスペンションの性能は回復しません。


リアサスをオーバーホールしてもリンクが錆びていたらダメ?
ダメです。せっかく素晴らしい作動性を回復したサスの動きも、リンクの動きが渋ければ台無しです。どうせリアサスペンションを取り外すのですから、ついでにリンクも点検しましょう。リンクのどこかに錆びがないか?オイルが残っているか?を確認します。もしも錆びがある場合は、部品を交換するのが最良です。しかし新しい部品を組み付ける時に、カラーでシールを噛み込んでしまい自らグリスが逃げ出すすきまを作ってしまっている事も少なくありません。素人メンテで多い失敗です。またグリスを注入するだけではもしもガタがあった場合などはその甲斐も無く間もなく再度こう着してしまう事でしょう。特にリアサスペンションの上下のベアリング&リンクは磨耗します。マメに手入れをして悪いことは全くありません。

ご質問は随時承っております。どうぞお気軽に諸々お尋ねの上、ご依頼ください。 お待ちしております。

大田原

●オーバーホールご依頼参考フォーム